女性軽視

欧米でだって女性軽視発言はある。

いつだったか、テニスのアンディ・マレーが貴社からの質問に差別を指摘したことがありました。
試合後の会見で、「今回の勝利でクエリー選手は
2009年以来初めて四大大会の準々決勝に駒を進めたアメリカ人選手となりましたが...」
と質問を始めた記者に対して、

マレー選手は「男性選手。それは男性選手の話だけでのだろう」とさえぎり、
女性選手の活躍を忘れていると指摘しました。

マレー選手が女性選手の活躍を軽んじるような発言を指摘したのは、今回が初めてではない。
2016年8月のリオデジャネイロ五輪でマレー選手が連覇を果たした際には、
「初めて五輪で二つの金メダルを手にしたテニス選手になった」
と言った記者に対して、

「セリーナ選手とヴィーナス選手はそれぞれ4回金メダルをとっている」

と指摘しました。

女性は軽視されてるんですね、テニスでも。

ジョコビッチだったかな、、、、は、
女性のテニスに歯観客は入らないって言ったとかで批判を浴びたこともありました。
(のちに謝罪してます)

女性がいるからあんたたちは生まれてきたんだ!

このブログ記事について

このページは、あやめが2017年11月 1日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親は関係ない」です。

次のブログ記事は「甘酒の効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。